学生時代に面皰で悩んだ要素のある私のチャレンジ

あたしがにきびで悩んだのは、ハイスクールの頃でした。その当当時、顔つき中ににきびができてしまい鏡を見ることすら嫌な一年中でした。

しかもにきびの中でも一番目立つ赤にきびだったので、ファンデーションをぬってもいまいち隠れずクリティカルなハイスクール生活でした。そのとき思ったことは、皮膚がきれいなだけで「甘い」女性に見えてしまうということです。

どんなことかというと、皮膚がきれいで真っ白いだけで女子力がたかくみえて清潔感がでます。そのため、眩しい女性に移るのです。

逆に、たとえ着飾ってもにきびだらけの顔つきだと清潔感が半減して少し汚らしい女性にみえてしまいます。なので、皮膚がきれいな女性がうらやましかっただ。

そういう私の、にきび方法は各種ことをしてみました。その中で最高峰反響のあったものが「洗浄」だったのです。

高額コスメティックをぬるときよりも、ドクターにみて買うときよりも、洗浄をきを塗る結果改善されたのです。如何なることかというと、本当に簡単です。

お化粧をしたら、きっちり必ずオイルでおとします。(間違ってもここで資料などで皮膚を傷つけない)そうしたら、たっぷりの泡で皮膚のあぶらを落とします。

これが誠に糸口でした。皮膚を傷つけないとき、汚れをきっちりおとすとき、これで私のにきびは変化されました。http://www.ing-bn.com/